よくあるご質問

お客様のよくあるご質問を会社設立の知っておきたい情報としてまとめました。

合同会社設立の流れ

合同会社設立までの流れを説明します。

 

1,基本事項を決める

 

まずは「基本事項」を決める必要があります。

 

基本事項とは、「社員の構成」「会社名」「事業目的」「本店所在地」「営業年度」「資本金の額」などのことをいいます。

 

 

2,定款をつくる

 

次に「定款」をつくります。

 

定款とは、合同会社のルールを決めて、明文化したものです。

 

株式会社の定款は、登記申請前に公証役場で認証を受ける必要がありますが、合同会社は不要です。

 

 

3,資本金の証明をつくる

 

定款作成が終わったら、出資金を払い込み、「資本金の証明」をつくります。

 

代表社員の銀行口座に、振込み金額と氏名が分かるように、個人名で振込みます。

 

通帳のコピーをとり、払込の証明書をつくります。

 

 

4,登記申請書類をつくり、登記申請する

 

出資金の払込が終わったら、「登記申請書」などの登記申請書類を作成し、本店所在地を管轄する法務局へ登記申請します。

 

 

5,登記完了

 

書類に不備がなければ、約1週間ほどで登記は完了します。