よくあるご質問

お客様のよくあるご質問を会社設立の知っておきたい情報としてまとめました。

自分のビジネスで起業するにあたって

起業するにあたり、もっとも一般的なのは、「株式会社を設立すること」ではないでしょうか。

 

しかし、起業するには株式会社でなければならない、というわけではありません。

 

起業において活用できる主な組織について特徴を見ていきましょう。

 

 

・  個人事業主

 

個人事業主は「自営業者」などとも呼ばれます。

 

税務署に手続きをするだけですぐにはじめられるので、一番かんたんに起業できる方法です。

 

デメリットとしては、借金などのビジネス上のすべての責任は、原則として個人が負うことになることや、利益が出てくると税金が高くなることなどがあります。

 

 

・  合同会社

 

新会社法により導入された新しい組織です。

 

原則として出資者と経営者が一致していて、さらに有限責任であるにもかかわらず、組織の運営がかんたんなのが特徴です。

 

出資比率に関係なく利益を配分できるなど、内部自治が自由なのもひとつの特徴です。

 

 

・  株式会社

 

起業するにあたって最もスタンダードな組織形態です。

 

メリットとしては、ビジネスの信用度が高いこと、有限責任であること、節税できることが挙げられます。

 

株式会社の設立は起業するにあたって非常にメリットが多いといえますが、あえてデメリットを挙げるとすれば、設立する際に印紙代などの手数料が数十万円かかることや、運営に労力がかかることなどが挙げられます。