当事務所が選ばれる5つのポイント

  • 会社設立に関する初回相談料無料
  • 電子定款対応により印紙代4万円を節約
  • 税理士・弁護士・司法書士などの無料紹介
  • 契約書雛形・社内書式の無償提供
  • 会社設立後のメール法務顧問サービスが6ヶ月間無料(通常料金:月々10,500円)
株式会社設立について
合同会社設立について
知っておきたい会社設立情報
合同会社のつくり方12「定款を作る」
定款とは会社のルールを定めたもので、「会社の憲法」とも呼ばれ...続きを見る
合同会社のつくり方11「会社の印鑑を作る」
合同会社を設立する時に必ず作らなければならない印鑑が「会社代...続きを見る
合同会社のつくり方10「必要書類を集める」
代表者になる人の印鑑証明書が1通必要です。  ...続きを見る
合同会社のつくり方9「類似商号調査・目的を法務局で確認してもらう
新会社法施行の2006年5月以降、類似商号の規制が撤廃され、...続きを見る
合同会社のつくり方8「申請する法務局を調べる」
設立予定の会社の本店所在地で決まります。  ...続きを見る
合同会社のつくり方7「資本金の額を決める」
合同会社では、出資した人が原則として経営者になります。 ...続きを見る
合同会社のつくり方6「営業年度を決める」
営業年度は自由に決められます。   ご...続きを見る
合同会社のつくり方5「本店所在地を決める」
原則として合同会社の本店所在地に法律的な制限はありません。 ...続きを見る
合同会社のつくり方4「事業目的を決める」
事業目的とは、設立する合同会社が行う事業の内容とその目的です...続きを見る
合同会社のつくり方3「会社名を決める」
合同会社の商号を決める際には、いくつかのルールがあるので、そ...続きを見る
合同会社のつくり方2「代表社員」・「業務執行社員」を決める
自分一人で合同会社を作る場合は、自動的に「代表社員」になりま...続きを見る
合同会社のつくり方1「社員」を決める
合同会社を設立するには、まず「社員」を決めます。 &n...続きを見る
合同会社設立の流れ
合同会社設立までの流れを説明します。   ...続きを見る
法人と個人事業との比較
会社を設立することは、会社という「法人格」を...続きを見る
自分のビジネスで起業するにあたって
起業するにあたり、もっとも一般的なのは、「株式会社を設立する...続きを見る
株式会社設立登記申請書
Q. 会社設立をするため、法務局で話を聞いてきました。そこで...続きを見る
  • 個人と法人どちらにすればいいの?株式会社と合同会社って違いはなに?独立企業、会社設立の際にいちばん最初に誰もが当たる疑問に会社設立の専門家がわかりやすく解説しました。
ご相談事例の紹介
  • 亀田行政書士事務所の法人実印作成サービス法人設立にあたり、法人の印鑑は必ず必要になります。弊所では、お客様の設立手続きをよりスムーズに、より便利に行っていただく為に、印鑑の発注代行も承っております。
    初めて法人を設立される方は特にどんな印鑑をどれだけ用意すればイイのか創造することが難しいかもしれません。
    そこで、亀田行政書士事務所ではスタンダードな『代表印』『銀行印』『角印』の3本セットを設立応援価格でご提供致します。